ガス漏れ

今は、ガス警報器が義務づけられていますので、屋内のガス漏れは発見されやすいですが、屋外では発見されにくいです。

もともと、ガス管は、漏れにくい構造になっており、給湯器内部でも、ガス漏れ自体は非常にまれです、無いと言ってしまってもいいかもしれません。

ガス漏れのほとんどは、着いている火が風や、噴きこぼれなどの水によってなんらかの原因で消えてしまい、そのため、ガスが出っぱなしというパターンです。

一番多いのはカセットコンロなどの火が消えやすい環境下での使用ですが、カセットコンロはここでは、論旨が違いますので省きます。

都市ガスはかるいので天井近くに溜まりますので、座っていたり、背の低い方は気づくのが遅れます。

プロパンガスは重いので低いところに滞留しますので、立って台どころ仕事をしているときには、気づくのが遅れる可能性が高いです。

今は、屋内設置の給湯器は非常に少ないですが、屋内型はガス漏れ時の万一の時の危険が屋外型よりも大きいですので、なんらかの不具合が出た時には、屋外型への変更を検討してみてください。

そして、屋内型をまだまだお使いの方は、一に換気二のも換気を心掛けてくださいね、ガス漏れ検知器の設置もお忘れなくお願いいたします。

ガス警報器

フリーダイヤル
0120-979-122

▲ページ先頭へ