給湯器の水漏れ

給湯器の故障って実は、水周りの故障が一番多いって知ってますか?

逃がし弁や減圧弁がその最たるものですが、ここが、いかれると水、お湯は出なくなったり、漏れっぱなしになるのです。

これらの部分、内部構造は、湯沸し器に入ってくる水が給湯器内部をとおて、お湯になって暖められてでていくまでで、一番ゴミやサビが詰まりやすい、ダメになりやすい部分なのです。

もちろん入口にはストレーナでゴミをキャッチして、そこより先にはいらないようにしているのですが、水道水の中に含まれるサビの成分やカルシウムなどは、取りきれません。

給湯配管の水漏れ

それらが、湯沸し器内部で結晶化され動きを悪くしたり、劣化されるのです。

この弁部は、水道では当たり前のメンテナンス部品です、部品さえ手に入れば水道修理では、そんなに難しい作業ではありません。

要は、どこが壊れているか、どこを治せば、どの部品を取り換えればいいかを判断できることが重要なのです。

日本製の湯沸し器は優秀です、本体の熱交換器はなかなか壊れませんし、水漏れも起こしにくいです。

水漏れは、パッキンや、配管のつなぎ目などが漏れやすく、水圧や湿度などの設置されている場所の環境などによって、耐久性に問題が出やすいです。

フリーダイヤル
0120-979-122

▲ページ先頭へ